おすすめサイト

結城紬

今日は、以前から行きたかった結城紬を見てきました。

場所は結城市内、結城紬のミュージアム「つむぎの館」です。

HPはこちら http://www.yukitumugi.co.jp/

入口はこちら

Img_2231_1024x717


そこから見えるのは

Img_2232_1024x760


こちらは「陳列館」、紬が展示されています。販売もされているみたいです。

Img_2233_1024x752

「織場館」、
この中で、染めや織りの紬の体験ができます。

Img_2234_1024x757


この白壁の蔵は「手緒里」という、結城紬の歴史を展示しているミュージムです。

いろいろ反物などを見せてもらいました。確かに高価なものですが、一生モノと思えば欲しくなります。本気で買ってしまいそうになりました。もう少しいろいろ吟味してからにします。

もともとは結城紬の問屋さんだったそうです。

Img_2239_1024x768

Img_2237_1024x768

正面玄関です。
古い街並みが、かつての賑わいを思い起こさせます。

Img_2240_1024x768


こちらは「壱の館」、カフェとして使われているそうですが、本日はお盆休みでした。残念。

Img_2235_1024x768


こちらは「弍の館」、ギャラリーなどに使われているそうです。

編集長の家から結城は車で30分もかからない距離。でも初めて来ました。もちろんゆうきつむぎをちゃんと見るのも初めて。その素晴らしさを理解するにはまだまだ修行が足りないと思いますが、少しずつ実際の「もの」を手にして、着こなせたらと思いました。

| | コメント (0)
|

Late Summer Lake 番外編

今日は、メンズバレンタインデーだそうです。だからなんなんだ?という感じです。

まだまだ続くサイクリングレポート。といっても、今日はグルメなのですが・・・。友人Yさんに連れられて行ったのは、「船場亭」というところ。川魚料理の店だそうです。こんなことろにあるのか?と心配になるような人家の少ない場所に、目印ののぼり旗がはためいていました。

入口です。

Img_0961

時代劇に出てきそうな茶店風です。しかもかやぶきの屋根。

そしてお店のすぐわきにあるのはこれです。

Img_0954

やなです。

Img_0953

まんまと泳いできた魚をねこそぎ取る場所です。この床の部分に迷い込んできた魚がぴちぴち跳ねるわけですね。

と写真を撮っていたら、来ました来ました。まずはあいごの唐揚げ。

Img_0957

頭から食べられます。

そして・・・

Img_0955

いわなの骨酒。焼いたいわなが丸ごとお酒の中に入っています。編集長はドライバーだったので飲めませんでしたが、飲んだYさんいわく「魚のにおいがぷんぷん」だそうです。

そして

Img_0960

いわなの塩焼きです。これも丸ごと食べられます。

川べりで、オープンテラス。新鮮な川魚料理。こんな場所なら夏の夕方ビールがおいしそう、なんて妄想したら、夏の夕方はめちゃくちゃ混むそうです。やっぱりね。でも一度は行く価値ありです。

HPはhttp://www.oragamachi.jp/inshoku/funabatei/index.html

| | コメント (0)
|